橋本忠雄ブログ

2018年1月31日 09:00

短歌の部屋(41)

短歌の部屋(36)で、提出した歌についての小谷先生のコメント。

☆季節外れの黄色い蝶が樹々を舞い落ち葉にとまり翅を閉じたり

〈黄色い蝶が〉〈翅を閉じたり〉の言葉であるが、〈が〉は口語調、そして〈たり〉は、文語調になっている。一つの歌の中に混ざるのは好ましくない。

口語調にするなら

★季節外れの黄色い蝶が樹々を舞い落ち葉にとまり翅を〈たたんだ〉

文語調にするなら

★季節外れの黄色い蝶〈の〉樹々を舞い落ち葉にとまり翅を〈閉じたる〉

★季節外れの黄色い蝶〈の〉の樹々を舞い落ち葉にとまり翅を〈閉じたり〉 

☆歩みゆく影に隠れる落ち葉よ再び逢わぬおまえたちとおれ

この歌は、自分でも〈隠れる落ち葉よ〉という言い方が気になっていました。なぜなら、調べが悪いからです。音読した時に、気持ちがよくないのです。それで、以下のように直されました。

★歩みゆく影に〈落ち葉の隠れつつ〉再び逢わぬおまえたちとおれ

こう訂正されると、すっきりしますね。なるほど!音読がずっとしやすくなりました。「葉っぱのフレディ」みたいですね。仲間からの評でした。

 

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5