橋本忠雄ブログ

2018年7月31日 16:10

短歌の部屋(54)

東北旅行の時に作ったその他の歌は、下記の通りです。

☆伊丹からたったの一時間で大震災に襲われたフクシマの町

☆目の前に見えるのは波静かな海なのに振り返れば瓦礫の町

☆瓦礫の中にポツンポツンと立っている家 内部はくり抜かれいて

☆窓も壁もぶち抜かれ襤褸が風に吹かれている柱の間

☆一軒のクリニックが残っていた中は残骸覗いてみれば

☆院長は助かったのか流されたのか再び生きることの難しさ

☆「東北六魂祭」の骨太の文字を書いたのは十二歳の男の子

☆津波が駆け上がり呑み込んだ家と人々 草が生えていた跡地には

☆濁流に呑み込まれし跡地には草が生えでて蝶が舞ってる

☆大津波免れし松島は観光船が行き交っていた光る海を

☆松島のおおきな旅館のロビーには屈強な男らの作業着の山

☆牡鹿半島に近づくと自転車で走っている子らがいたマスクも付けずに

☆女川湾眺める丘に来てみれば町が無くなりダンプが走る

☆ごっそりと消えたる町を写さんと腹這いになる広角レンズを構えて

☆ボランティアの一隊が打ち合わせをしている高台のホテル前に

☆波止場には霧が流れてウミネコが二羽止まっていたブイの上

☆道は陥没し家は倒れ漁網がひっかかっていた電柱に

☆女川原発の裏手の道の霧の中 掃除していた女が一人で

☆「この先は通れますか」声をかける勇気も出ずに引き返した

☆原発の前まで行くと守衛いて両手を広げた 立ち入り禁止と

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5