橋本忠雄ブログ

2019年2月15日 10:37

短歌の部屋(62)

お題は『とんぼ』。

 

☆橋の上結んだ小石を放り投げ絡まるヤンマを素手で掴んだ

☆捕まえたとんぼの腹に絵の具塗り翔ばして狙うはギンヤンマの雄

ふたつとも、子どもの頃の状況そのままを詠ったものである。今はなくなってしまったけれど、東洋紡から城北公園まで運河が流れていた。綺麗な水ではなかったけれど、一応アヒルなども泳いでいた。そこが、私たちのトンボを採る場所のひとつだった。橋の上から、糸で結んだ小石を放り投げると、やんまが絡んできた。自分の縄張りに侵入した敵と認識して、飛びかかってくるのかもしれない。また、絵の具を塗ってやると(多分緑色に塗ったのだと思うのだが)雌に見えるので、それを追って雄がやってくるのだと、子どもらは信じていた。

確かにその方法で、何匹かのヤンマを捕まえたのを覚えている。歌としてはそのままでいいが、素手で掴むというのは、おかしいのではないか? 子どもらは、もともと素手で遊んでいるのではないかと、指摘された。なるほど、そうかもしれない。その他に作った「とんぼ」の歌は以下の通りです。

☆竿先にしおからとんぼがとまっていて合わせられない浮子が沈んでも

☆川沿いの風に翔んでる赤とんぼまだ咲いているサルスベリの花

 

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5