橋本忠雄ブログ

2019年10月 3日 08:08

短歌の部屋(72)

お題は『踊り』

 

☆汗流しタップ練習する男の螺旋階段に置かれしコーラ

螺旋階段なんて、うますぎる捉え方ですね!先生からの嬉しい評でした。これは、実際の映像です。恵史の仲間にタップダンサーがいるのですが、彼が螺旋階段で躍っている姿を見たことがあります。汗を流しながら、激しく練習しており、足もとにコーラが置かれていました。(実際は、アサイーの飲み物だったそうですが、この場合コーラの方がいいですよね!)。彼も、「私の汗とコーラの冷えた缶の水滴が、重なってるんですね」、と言ってくれました。ここでの「置かれし」ですが、これは平安時代の用法である。口語短歌なのだから、「し」は「た」に変えた方がいい。なるほど、そうですね。すると次のようになります。

★汗流しタップ練習する男の螺旋階段に置かれたコーラ

「た」でも歌の雰囲気は、ほとんど変わらないですね。なかなか格好のよい歌で、私も気に入ってます。

☆貯水池の水面の桜揺れにけり鯉の一尾の浮かびてくれば

これは、葉書を出しに夕方の道を歩いていて、ふと貯水池を見たら花びらが水面にびっしりと敷き詰められていたのです。ここに鯉が浮かんでくればいい景になるなと思い、咄嗟に浮かんだ歌です。だから実景ではありません。また咄嗟に浮かんだ歌で、推敲はまったく加えていません。推敲なしでどうなるかと、これも実験をしてみました。ここで、先生に指摘されました。「揺れにけり」は過去形である。「浮かびてくれば」は現在形である。だから、目の前の景色なら、現在形にしなければならない。

★貯水池の水面の桜揺れている(揺れており)(揺れいたり)鯉の一尾の浮かびてくれば

歌には、実際の景を詠まなければならないと言う方と、実際の景そのままでなくとも、感動を詠めばいいという詠み方があるようですが、ここらは、最近の写真の処理の仕方にも似ていますね。デジカメ全盛の今、フォトショップなどで、画像処理をするのは当たりまえになっていて、土門拳のように実際の写した画像を変えてはならぬというのは、いまや少数派かもしれませんね。

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5