橋本クリニック

院長紹介

院長からのごあいさつ

1978年に開業してから、早いものでもう30年が経ちました。この30年間を支えて下さった地域の皆様と職員に、改めて心から、御礼を述べたいと思います。本当に有り難うございました。
開業するときに、掲げた四つの目標

1.出かける医療 
2.患者さんのすべてに責任を持つ 
3.患者さんの最後まで責任を持つ 
4.スタッフとともに

を、一生懸命に追求して頑張ってこれたことを、心から誇りに思っています。しかし、これからの新しい歩みは、私が中心ではなく、息子に引き継がれていくことになるでしょう。しかし、幸いなことに、クリニックには優秀なスタッフたちがいますし、今までに築いてきた地域の皆様との信頼関係は,かけがえのない私たちの貴重な財産です。

これからも、地域医療の真髄を探求しながら、実践に励みたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。

橋本忠雄(はしもとただお)院長

院長の略歴

橋本クリニック院長 橋本忠雄(はしもと ただお)

1943年大阪府守口市に生まれる
1968年大阪大学医学部 卒業
1969年耳原総合病院内科に勤務
同時に阪大第二内科にて「鉛中毒の筋電図学的研究」を行う
1971年国立泉北病院 神経内科に勤務
1976年ロンドンのクウイーン・スクウエアー国立病院に留学
1978年守口市にて、内科・神経内科のクリニック開業
当初より「出かける医療」を看板に掲げ、訪問看護・在宅医療を積極的に行う
1996年インフォームドコンセント(充分な説明による理解と選択)を日本の医療の中に定着させるため、「医療記録(カルテ)の開示をすすめる医師の会」を設立。
又、1986年から行ってきた「私のカルテ」の取り組みが、インフォームドコンセントの一方法として、全国的に注目される。
2000年「外来」「通所リハビリ」「在宅医療」に加えて、「居宅介護支援事業者」として「訪問介護」も開始。「患者さんの最後まで責任を持つ医療」のさらなる充実を目指す。
診察風景