橋本クリニック

パワーリハビリ

パワーリハビリとは

パワーリハビリテーションは、マシントレーニングを軽負荷で行い、全身各部の使っていない筋を動かします。それにより、「すたすたと歩けるようになった」というような動作性・体力の改善、「外出するようになった」といった心理的活動性の改善が得られます。
パワーリハビリテーションが心臓に与える影響は「入浴」より軽く、運動によるリスクはほとんどないといえます。 マシントレーニングで筋肉を強化することにより、足の運びや姿勢が改善します。
高齢者では健康に向けた行動を起こすことになり、転倒、骨折予防、骨粗鬆症の予防改善、閉じこもり防止に効果が現れるトレーニングです。

どんな人が受けられるの?

どなた様でもお気軽にご利用ください。

・骨粗鬆症の予防と改善
・生活習慣病→高脂血症・高血圧・糖尿病など
・骨関節疾患→変形性膝関節症・腰痛症など
・脳神経疾患→片麻痺・パーキンソン病など
・体重を減らしたい
・体力を付けたい
・中高年の方はトレーニングジム感覚で

パワーリハビリの風景

リハビリ機器

リハビリテーションや筋力トレーニングに対応する最適なトレーニング機器の製造を目指しているフィンランド・HUR社の機器を使用しています。幅広い年齢層の皆様にご満足いただけ、安全且つ効果的なトレーニングを提供することのできるのがHUR社製品です。

  • 通所リハビリの風景 通所リハビリの風景

    転倒を予防する太ももの内側の筋肉(アダクション)、お尻の外側の筋肉(アブダクション)を強化。

  • 通所リハビリの風景 通所リハビリの風景

    膝の伸筋・屈筋の安全かつ効果的なトレーニングです。立ち上がりや階段の昇降に必要な筋肉です。

  • 通所リハビリの風景 通所リハビリの風景

    足全体の筋肉を使っての伸縮運動です。下肢の筋肉を回復するにはこの機器が一番効果は見られます。

  • 通所リハビリの風景 通所リハビリの風景

    おもに体の上部分の筋肉のトレーニングを目的としたものです。握力の低下を抑え回復させるのには最適です。

トレーニング内容紹介

プログラム

パワーリハビリのトレーニングには4つの種目があり、運動者に軽い負荷を与えて反復運動(10回1セットを休憩を入れながら)する方法です。マシンは、通常のフイットネスクラブで使用しているものとは異なり、利用者が楽な姿勢でトレーニングできるようになっています。

マシントレーニングの特徴

1・定期的に評価をするため、患者様の動機付けとなる。
2・運動する実感がある。
3・安全性が高く、どれくらいの負荷を使用しているか容易に確認できる。

トレーニングのポイント

・呼吸を止めない(自然な呼吸を心掛ける)
・必要以上に力まない
・肩に力を入れない(効率的な動作を心掛ける)
・安定した姿勢で行う
・ゆっくりコントロールしながら行う(4カウントで挙上・下降)
・運動範囲の途中でやめない

トレーニングの回数

・1種目につき10回が原則
・10回の連続動作⇒これを1セットという
・トレーナーの指示により1セット~3セット行う
・休息20秒~30秒をとりながら行う
・前セットや前種目の疲労が完全にとれてから行う

トレーニングメニュー トレーニング風景