橋本クリニック

クリニック院長 橋本忠雄ブログ

インドのトイレ事情

橋本忠雄 (2011年1月 2日 22:20)
indo110102_34.jpg
 インドでは、ホテルのバスタブの横に、1リッターくらいの大きさの計量カップ様のものが置いてあった。
 便座からは離れているけれど、噂に聞く(インドの人は、左手で水を使って洗浄するそうだ)あれがトイレの後始末用の道具なのかもしれない。

 それから、空港やレストラン、公園のトイレには、掃除をしている人がいた。手を洗うと、横からさっとペーパータオルをくれるのであった。
 その時は、10ルピー(20円)のチップをあげていた。

 たまたまカジュラホの公園のトイレを使った時、小銭がなくてそのままトイレから出てきたら、トイレにいた男性が、不機嫌な顔をして追っかけてきた。
(恭子さんが10ルピー渡すと、すぐに引き返していった)。
「あの人は、ずっとトイレの仕事をしているのですか?」
「そうです、あれが彼の仕事です。彼は公務員です。給料をもらっているから、チップは彼の小遣いになります」。

 なるほど、あの職業もサブ・カーストなんだろうな。
そういえば、イギリスでも、ロンドン市内のトイレには管理人がいて、トイレをきれいに掃除していた。私もお金を払った記憶がある。
 であれば、この仕事もやっぱりイギリス由来なんだろうか?
それが、インドのサブ・カーストと結びついたのかもしれない。

インドを発つ最後の日に、デリー空港のトイレを覗いてみることにした。
すると日本のようなウオシュレットではなかったけれど、便座の横にシャワーのようなものがついていた。あれで、後始末をするのだろうか?
 しかし、便座や床が濡れるだろうな・・・・というのは、インドの人にとっては余計なお世話なのかもしれない。

indo_toile.jpg

















2011年1月2日