ドクターノート

2008年12月14日 15:28

家庭血圧測定の実際


今年の1月の「今月の症例」で、血圧の測りかたを書きましたが、今月は家で測られている方の実際を報告致します。

まずこの方の表を見てください。(H・I 男性 69歳)
この方は、診察のたびにこの表を見せてくださるのです。ということは、ご自分でパソコンにデータを入れておられるということなんですね!




今月の平均血圧

 6月 124/75 114/63
 7月 128/70 128/64
 8月 134/77 123/66
 9月 138/79 127/69
10月 148/83 132/73

となっています。


血圧降下剤のスペック変更と血圧の関係
そしてこの方の、「血圧降下剤のスペック変更と血圧の関係」という表を見せてもらえば、血圧の変化が、『薬を減らすと血圧が上がる』という事実が見て取れます。



特に、ノルバスクをやめた後の(ロンゲスだけになった頃からの)血圧の上昇は見事なまでに関連しています。そして、もう一つの要因は、季節の変化でしょう。
同じロンゲスだけでも、8月9月よりも10月のほうが、血圧の上がり方が10くらい違ってきています。やっぱり、寒くなると血圧は上がるのですね!

家庭血圧計
それから、私は「家庭血圧計」を持ってきてもらって、それが正確かどうかチェックしています。
例えば、この方(SK 女性 63歳)
まずはじめに、左手を家庭血圧計で、右手をクリニックの血圧計で測りました。
すると、家庭血圧計のほうが20〜30ほど高く出ています。
左右を反対にしても同じです。ということは、この方の「手首で測る血圧計」は不正確ということになります。
 (上腕で測る血圧計はおおむね正確ですので、ご安心下さい。)
手首の血圧計(左) クリニックの血圧計(右)
191/118 170/95
193/125 160/94
手首の血圧計(右) クリニックの血圧計(左)
195/128 164/95
このようにして、私はできるだけその方の実際の生活の場での血圧を参考にして、治療を続けています。

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5