ドクターノート

2008年12月14日 16:09

帯状疱疹

主訴右側胸部痛

現病歴

6/22   朝電話がかかったので起きたときに転倒し、右肘をついた。
6/24   夕方から右側胸部が痛む。
6/29   かなり痛いので整形外科を受診したところ、転倒した為に肋骨にヒビが
      入っていると言われた。
7/ 2   右胸に水疱がでたので、当院に来院された。

所見

右胸から右背部にかけて(T5〜T7の範囲)、水疱が出現している。
帯状疱疹です。
 

帯状疱疹の臨床経過
体の左右どちらか一方にチクチクするような痛みが起こり、しばらくしてその部分が赤くなります。その上に小さな透明の水ぶくれが集まってでき、やがて濁って黄色くなり、黒褐色のかさぶたが出来ます。かさぶたがとれて治って行きますが、ひどいときは潰瘍になります

帯状疱疹の病変の進行


治療について
症状が出たら、できるだけ速い時期に治療を始める方が早く治ります。症状に応じて抗ウイルス薬(バルトレックスなど)鎮痛剤などで治療します。いずれにせよ素人判断でお薬を使うのは危険な場合もありますので、医師の診察・治療をうけてください。そして、服用方法をきちんと守ってお薬を使うことが早く治すポイントです。

帯状疱疹後神経痛について
帯状疱疹になると最初は痛みますが、大抵は皮膚の症状が消えると同時に痛みも取れます。しかし、時にはピリピリする焼けるような痛み(帯状疱疹後神経痛)が続くこともあります。このような場合、医師の指導に従って適切な治療を続けましょう。

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5