ドクターノート

2008年12月14日 16:35

花粉症


花粉症の種類とその時期
花粉症の人にとってはいやな季節の到来です。
その原因となる代表的な花粉には下図のようなものがありますが、

スギ(2〜4月) タンポポ(2〜10月) ヒノキ(3〜5月)
カモガヤ(5〜7月) ブタクサ(8〜10月)

その中でもスギ花粉はその代表で花粉症患者の約8割も占めていると言われております。その他スギ花粉とよく似た糖たんぱく構造をしている植物にヒノキがあり、スギ花粉に反応する人はヒノキ花粉にも反応しやすいようです。

ちなみに、スギ花粉とヒノキ花粉の飛ぶ時期は少しずれがあり、スギ花粉は2月上旬から飛び始め、3月中旬にピークを迎え5月初旬におさまるのに対し、ヒノキ花粉はそれより3〜4週間遅れ、4月の上旬にピークを迎えます。

今年の飛散予測は?

スギ花粉の飛散量にはその前年の天候が大きく左右し、この花芽にとっては夏場の高い気温と雨が少ないことが好条件と言われています。
さて今年のスギ花粉の飛散は近畿地方で2月10日前後、飛散量は昨年の夏が冷夏であったことから、比較的少ないだろうとは予測されていますが、飛散量は冬 の気温にも大きく左右されるので決して油断はできません。従いまして飛散量の多少にかかわらず、きちんと花粉症対策を行うことをお勧めします。

便利な花粉情報サイト PP net 花粉・天気情報サイト
環境省花粉観測システム
日本気象協会の予測
yahoo 天気情報

花粉症はどのようにして起こるのでしょうか
花 粉が目や鼻を介して体中に侵入して来ると体はそれを異物と判断し、「抗体」と呼ばれるものを作って攻撃の準備を始めます。そして再び体内に花粉が侵入した 時、抗体と花粉に含まれる「抗原」が細胞の表面で反応します。そのとき細胞に含まれる「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」と呼ばれる刺激性の強い化学伝達 物質が鼻の中に放出されます。

花 粉症の代表的な症状として「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」、「目のかゆみ」などが挙げられますが、くしゃみは風で体内の花粉を吹き飛ばす役目をし、 鼻水や涙は花粉を押し流す役目、そして鼻の血管が膨張して起きる鼻づまりはこれ以上花粉が体の奥に行かないようにする役目を担っている訳で体にとっての自 己防衛反応(「免疫」と呼びます)なのですが、これが必要以上の過剰防衛になってしまうとひどい症状となって現れてしまう訳です(「アレルギー」とよびます)。
知覚神経を刺激してくしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状を引き起こす代表的な物質が「ヒスタミン」であり、鼻の血管に働きかけて膨張させ鼻づまりを引き起こす代表的な物質が「ロイコトリエン」なのです。

花粉症の治療
花 粉症に対する治療の中心はやはり薬物療法。大きく分けますと症状が現れないようにする「予防的治療(初期治療)」、症状を和らげるための「対症療法」があ りますが、花粉飛散の最盛期に症状がひどくなってから来院されると、どうしても作用の強い薬剤を使用しなければなりませんので副作用も出やすくなります。 花粉の本格的な飛散が始まる前から治療を開始することで症状も軽く、副作用も現れにくくなりますので、飛散前あるいは飛散初期から治療を開始することをお 勧めします。
くしゃみと鼻水に対しては主に新しいタイプの抗ヒスタミン薬(第一世代)を使用しますが、古いタイプの抗ヒスタミン薬(第二世代)にみられる眠気、口の渇 きといった副作用がかなり改善されています。但し、即効性には劣るので症状が強い時などには古いタイプのものを使用します。それでも効果が十分でない場合 にはステロイド点鼻薬という鼻の粘膜に直接噴霧する薬を合わせて使います。

一 方、鼻づまりには抗ロイコトリエン薬や血管収縮薬を使います。抗ロイコトリエン薬は効き始めるまでに1週間程度かかりますが、眠気の副作用はほとんどあり ません。血管収縮薬は点鼻薬で強い効果と即効性がありますが繁用すると鼻の粘膜を悪くし、かえって症状を悪化させてしまうことがありますので10日間以上 続けて使用することは避けた方が良いでしょう。
 また症状の重症度によって薬は使い分けし、重症であれば様々な薬を組み合わせて服用し、よくなれば量を減らしていくような使い方をしますし、軽症なら抗 ヒスタミン薬から始めて、だんだん花粉の量が増えてきて悪くなってきたらば薬を追加していくというような使い方をします。

お薬の特徴を活かして自分に合うものを
患 者さんにお聞きすると「薬は余り効かないから仕方がない」、「薬を飲みたいけど眠くなるから我慢します」とあきらめておられる患者さんもいらっしゃいます が、前述したようにくしゃみや鼻水に効くもの、あるいは鼻づまりに効くもの、また即効性が期待できるもの、効くまでに時間がかかるものと様々です。

従いまして自分はどんな症状で苦しいのかをはっきりと医師に伝えることが大切ですし、その薬が効き始めるまでの期間を踏まえて服用することもポイントで す。またもらった薬が自分に合わないケースも少なくありませんので2週間過ぎても効果が得られなかったり、眠気等の副作用で服用し続けることが難しい場合 は薬を変更することも可能ですので、遠慮せず医師に相談して下さい。

薬の種類

特徴

効き始めるまで

新しいタイプの
抗ヒスタミン剤

●くしゃみ、鼻水に有効
●眠気、口渇などが軽減
●鼻づまりには弱い

3〜4日

古いタイプの
抗ヒスタミン剤

●新しいタイプより即効性あり
●眠気、口渇がしばしばみられる
●鼻づまりには弱い

1〜2日

抗ロイコトリエン剤

●鼻づまりに有効
●眠気の副作用はほとんどなし

1週間

ステロイド点鼻薬

●くしゃみ・鼻水・鼻づまりに有効
全身性の副作用は少ないが長期使用は避けた方が良い

1〜2日

血管収縮薬
(点鼻薬)

●鼻づまりに有効
●即効性があるが持続時間は短い
●繁用するとかえって鼻の粘膜を悪くすることがあるので短期間に

数分


花粉症をを予防する
花粉は一般的に次のような日に多く飛びます。

・晴れて気温の高い日
・湿度の低い日
・かぜの強い日

① マスコミなどが提供している花粉情報にも注意して花粉の多い日の外出は出来るだけ避けましょう。

② 外出する時は眼鏡やマスク、つばの広い帽子などを着用しましょう。服装はなるべく肌が露出しないものを選び、すべすべした素材の方が花粉がつきにくいでしょう。

③ 外出から帰った時は、服や髪の毛についた花粉を十分払い落としてから室内に入るようにして下さい。シャワー等を浴び、服を着替えるとなお良いでしょう。

④ 掃除の時以外は窓は閉め、ふとんや洗濯物を取り入れるときは花粉を十分に払い落として下さい。

⑤ 部屋をこまめに掃除してください。特にカーペットやベッドの下も忘れずに。
このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5