ドクターノート

2008年12月14日 16:48

肺癌


現在当院に通院中の「肺癌」の患者様を調べたところ、6人の方がおられました。
その方々の、年齢・性別・初発症状・組織型・治療法などについて、統計を取ってみました。

当院の通院患者さんの統計


初発症状
初発症状は(扁平上皮癌の方の血痰・咳をのぞいて)、皆様ほとんど「なし」ということが特徴です。(4例目の男性も、左胸痛で来られましたが、痛みは左側に起こした気胸のためであり、癌は右側にあったので、これが本当の症状だったのかどうかはわかりません)。
では何故診断がついたかというと、皆様定期的に撮られている胸部レントゲンによる診断でした。最近、胸部レントゲンは健診に役立たないという議論もあるようですが、やっぱり1年に1回くらいのレントゲン撮影は必要かと思います。

画像診断
それでは、幾つかの症例の参考のために、画像をお示し致します。
胸部レントゲン
① 扁平上皮癌

右肺門部に白くうつっている腫瘤があります。これが扁平上皮癌です。
PET   
② 腺癌

最近新しく使われるようになったPET検査では、ガン細胞がブドウ糖をたくさんとりこむので黒くうつります。
ちなみにその隣に黒く写っているのは心臓です。
細胞診
①扁平上皮癌

この黄色く染まっているのが癌細胞です。
②腺癌

癌細胞が重なり合って、細胞集団になっています。

病期分類
皆様は、癌の病気の進行度合いを示すものとして、Ⅰ期とかⅡ期、Ⅲ期、Ⅳ期などと聞かれたことがあるのではありませんか。
その分類を図に示します。
○治療法,予後に関して,病気分類が重要
 
  Ⅰ期は,原発のみ
  Ⅱ期は,同側肺門リンパ節まで進展
      合併切除可能な壁(胸壁,横隔膜)まで進展
  IIIA期は,同側縦隔リンパ節まで進展
  IIIB期は,切除できないほど局所での進展がある例(対側リンパ節まで進展,
      悪性胸水,重要隣接臓器浸潤)
      同じ葉内の肺内転移
  IV期は,転移例   

腫瘍マーカー分類
腫瘍マーカーには、以下のようなものがありますが癌の種類によって使い分けます。

治療法
各々の病期や、患者さんの身体の状態に応じて、治療法を決めるわけですが、一般的に言って、ⅢA期までは、外科的切除が標準です。(肺葉切除または肺全摘術)と、リンパ節郭清術をします。

まとめ
当院の患者さんがたは、圧倒的に腺癌が多く、ついで扁平上皮癌でした。それ以外の癌としては、小細胞癌、大細胞癌などがあります。また肺癌ではありませんが、悪性リンパ腫が肺に現れて、当初は肺癌と診断されていた例が一例ありました。

なお予後ですが、残念ながら一例の方は、お亡くなりになりましたが、その他の方は現在お元気です。特に腺癌の一例の方は、発病して現在8年が経っています が、最初に手術をされ、その後再発のたびに5回にわたって抗がん剤治療を受けていられますが、今の所お元気で毎日を充実して生きておられます。まさしく、 その方の生きる意欲とともに、抗がん剤の開発とその使い方が改善されてきた結果だと思います。
このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5