ドクターノート

2008年12月14日 18:11

広範な早期癌


74歳男性 糖尿病にて通院中





2004年、11月検診目的で当院にて胃カメラ検査を受ける。





胃体下部に広範な扁平隆起性病変を認めた。




インジコカルミン塗布(凹凸をはっきりさせる染色法、隆起部は染色されないⅡa様(表面隆起型)病変であった。)








生検にて分化型腺癌(比較的悪性度の低い癌)と診断された。病変部に陥凹している部位はなく、粘膜内に癌がとどまっている可能性が高い(粘膜下に浸潤する とリンパ節転移の確率が高くなり手術の適応となる)と判断し、EMR(内視鏡的粘膜切除術)目的にて近医紹介とした。

病変は5cm×3.5cm大であり、従来のEMRでは一括切除が困難であったため、近年新たに開発されたESD(内視鏡的粘膜下剥離術)という方法でEMRを施行、完全切除でき食事など処置前と同様制限されることなく現在通院中である。




【ドクターからのコメント】

近年、早期癌に対する内視鏡的治療の適応は拡大してきており、リンパ節転移がないと判断できれば、以前のように外科手術をしなくても胃の機能を温存したま ま完全に病変を切除できるようになりました。本症例の場合も直径5cmを超える広範な病変でしたが、高周波ナイフを使い粘膜を切開していくESDという方 法で完全切除することができました。







文:橋本 貴司

このページの先頭に戻る
橋本クリニック 診療時間のご案内 電話番号 06-6991-2555 メールアドレス info@hashimoto.or.jp 診療時間 9時〜12時30分 17時〜19時30分 受付時間 8時45分〜12時 16時30分〜19時 休診日 日曜・祝日/火・木・土曜の午後 住所 〒570-0079 大阪府守口市金下町2-12-5